スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべきぐーだら画伯

拝啓 浅春の候 皆様におかれましては益々ご健勝(略)

はじめまして、煉獄庭園でイラスト担当としてお世話になっております入間と申します。
このブログでも何度か話題に出していただいて光栄の限りです。

何度かブログを書かせていただこうと思ったのですが、
なんか「キミFuNkY-DiaRy書いている場合か?」と怒られそうな気がして(?)、
書かずにいましたが、先日のエントリー『華麗なるぐーだら画伯』を読んで、
「書かねば」と思ったので書きます。

まず始めに、何度か話題になったポテト関係の話について、
入間側からの感想を何ヶ月越しなのか最早訳わかりませんが、述べたいと思います。
色々書こうと思ったんですが、滅茶に長くなるので、端的に結論だけ申し上げますと、

ミエウ ポテトクレル イイヤツ 
マックフライポテト  オレ コウブツ 
オレ オナカイッパイ ウレシイヒメイ


こういうことになると思います。

mieuさんと話をしていて様々な驚きや発見があったのですが、
最終的には最も原始的な部分に辿り着きました。
「食べ物の恨みは恐ろしい」とよく言いますが、
それは逆に言えば「食べ物の恩はとても深い」とも言えます。
mieuさんごちそうさまでした。あと卒業おめでとうございます。
今度シャカシャカポテトおごってください(ヒモ)


続いて、先日のエントリーで紹介されたGu-daraさんのイラストについて、
どうしても言っておかなければならないことがありますので、それについて書きます。

まずはmieuさん(ポテトクレルイイヤツ)と入間(オナカイッパイ)が描かれたイラストの入間なんですが、

ポテトみえうと入間氏

大泉洋に似ている気がするんだよな。

髪型と口角のあがり方がどことなく洋。
きっとGu-daraさんは、このイラストを描いた日のお昼に
『探偵はBARにいる』を見たのでしょう。
納得しました。


次に「ぐーだら画伯」という呼び名があながち間違いではないということを、
ここで説明しておかなければなりません。


この世には画面を美しく見せるための方法として、構図法というものが存在します。
主に映像制作者や写真家、絵描きなどがこの構図法を用いて
画面構成を練っていると思われます。
私も絵を描く者の端くれとして構図法の1つや2つは知っています。
この私が知る唯二の構図法をGu-daraさんの例のイラストに当てはめてみたところ、
大変なことが起きました。
それを説明するために、その2つの構図法を紹介しようと思います。


①三角構図:画面に三角形を描き、重要な部分を三角形の内側に配置する。

②三分割法:画面を等しく9分割する。そのために垂直・水平各2本ずつの直線を引く。
      その線上もしくは線同士の交点に画面の要点となる部分を配置する。



こういうものです。
字だとわかりにくいので、実際にGu-daraさんのイラストに当てはめてみました。

a

真ん中の絵の赤線が三角構図のガイド線、右の絵の赤線が三分割法のガイド線です。
真ん中の絵を見て頂ければ一発でわかると思いますが、
mieuさん、ポテト、大泉洋の三要素が三角形に配置されています。
更に右の絵を見て頂くと、赤丸で囲った部分に、両者の目と鉄女mieuの手が、
それぞれ分割線の線上もしくは線の交点に配置されている事に気づくと思います。

キャラクターの目や手は非常に重要なポイントです。
何故かというと、常に外に出ているからです。
普段服や靴で隠れている他の体の部位と違い、
日常生活を送る上で、顔と手は常に我々の目に入るものであり、
人間を人間として認識するための重要な部分なのです。
それ故イラストにおいても注目が向きやすい部位だと言えます。


この時点で、2つの構図法を同時に組み込むGu-daraさんのヤバさは、
ある程度伝わったと思いますが、ダメ押しとして、
こちらの画像も見ていただきたいと思います。

b.jpg

こちらも見て頂ければ分かる通り、三角構図と三分割法をかましてきています。
「ザッ」という擬音は、くろろじさんが踏み込んだ音なのか、
枝豆がすっ飛んでくる様子を表した音なのか、
それは推し量りかねますが、「ザッ」という擬音が
画面に緊張感を与えていることに説明は必要ないかと思われます。

さて、この画像も立派な三角構図なのですが、さっきの画像と三角形の向きが違います。

それがどうしたのか。

ここで三角構図の具体的な説明をします。

三角構図は前述しました通り、重要な部分を三角形の内側に配置するという構図法です。
この配置を行うことで画面に安定感が出ると言われています。
では、何故安定感が出るのか。
三角形の内側に重要なものを配置する。
それはつまり画面上部にはあまり要素が配置されず、
画面下部に要素がたくさん配置されるということです。
そうすることで、見た者に山の様な不動の安定感を喚起させ、
画面を安定している様に見せることができるのだそうです。

三角構図はこの様な理由で安定して見える。

では、逆三角構図になるとどうなるか。

画面が不安定に見える。

まさに枝豆の脅威に立ち向かわんとするくろろじさんを描いたイラストにうってつけの構図です。イラストの中のくろろじさんはペン的な何かを掲げ、迫り来る枝豆を勇壮にも撃墜しようと構えているように見えます。しかし枝豆は残像を伴うほどの猛スピードで迫って来ている。そんな豆を前にしても穏やかな表情のくろろじさん。一見不安などまるで感じさせないイラストレーションですが、

「(ッッ…!!(汗) こんな速い枝豆を果たして本当にオレは討つことができるのか…?)」


といった様な、くろろじさんの隠れた不安の声を、
イラストの裏に隠した逆三角形構図法で演出しているのではないでしょうか。


これはmieuさんの言う「入間考えすぎ」とかではなく、
先人たちの経験則(構図法)に裏打ちされた、
Gu-daraさんの秘めたる才の顕現であります。


(入間は現在別に酔っ払ってはいません。)


ぐーだら画伯は恐らく構図法など意識せず、この様なイラストを描いたのだと思います。
その潜在能力に目玉が少し飛び出ました。

仮に構図法を意識していたとしたら、それはそれで、「常に本意気」という、
画伯の絵を描くことに対する姿勢は天晴としか言い様がありません。

イラストを担当させて頂いている身としては空恐ろしい思いです。
画伯に食われぬ様、わたくし入間も精進して参りたいと思いますので、
皆様これからも何卒よろしくお願い致します。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

春! と、言えば・・・

こんばんわ☆ニラ茶猫( ̄⊿ ̄)ニラッ

初めまして^^

カタコトwww

ニラもポテト好きです♪(*≧ω≦)
てか、芋とか結構好きです^^
ポテチとかもじゃ○りことか、そういうお菓子も好きです^^
mieuさん良い人ですね^^

可愛いですね☆
ニラもたまに絵を描きます^^
最近だとアニメの絵描いてます^^;
でも、やっぱり絵って難しいです><
ニラも入間さんの様に上手くなりたいです!

これからも頑張っていってください!

そして、今回もタイトルが意味を(以下略)

No title

こんばんは、はじめまして。コメントありがとうございます。
方々で桜が咲き始めましたね。
春といえば「お花見」という言葉が浮かびます。
ニラ茶猫さんはもう桜の花を見に行かれましたでしょうか。
(まだ桜が咲いていない地域にお住まいでしたらすみません。)


芋マジ美味いですよね。
「案ずるより芋汁」という、ことわざがあります。
不安や悩みなどを抱えて色々考えこむよりも、
美味いものを食って栄養をつけて元気に行こう。
みたいな感じの意味です。芋は昔から栄養が豊富で
美味いものとして人々に愛されていたようです。


アニメの絵、良いですね。
思わず描きたくなってしまうような
魅力的なキャラクターがたくさんいますよね。
私も絵を描くのは難しいと思いますが、
頑張りたいと思います。ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
プロフィール

煉獄庭園

Author:煉獄庭園
ゲーム、HP、動画、ラジオ、舞台、店舗等様々な用途に御利用頂ける無料音楽素材を製作しています。製作依頼も随時募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。