スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃え尽きてドラゴニック

~某病院~

看護婦「次の輩どうぞ」

輩ことオイラ「うむ」

先生「症状の程は?」

オイラ「熱、あと若干息苦すぃ~」

先生「口開けてみそ」

オイラ「あ~ん」

先生「あぁ~あぁ~あぁ~キてるねぇ~・・・キミ、キてるねぇ~、大分キてるねぇ~」

オイラ「何がですか?」

先生「扁桃腺ゴッソリ持ってかれてんじゃね」

オイラ「・・・マブで!?」

先生「・・・マブで」

看護婦「・・・マブで」

オイラ「・・・ガチで?」

先生「・・・ガチで」

看護婦「・・・ガチで」

オイラ「・・・・・・」

先生「・・・・・・」

看護婦「・・・・・・」

先生「とにかく扁桃炎って事でOK?」

オイラ「俺に聞くなし」

看護婦「・・・OK」

オイラ「お前が答えんのかい」

先生「で?息苦しさもあるって?」

オイラ「はい」

先生「どんぐらい?」

オイラ「こんぐらい」

看護婦「先生、末期です」

先生「可能性・大やな。とりまレントゲンいっとこか」

オイラ「ふぁい」

~レントゲン後~

先生「キミ、煙草吸ってる?」

オイラ「モロに」

先生「一日どんぐらい」

オイラ「こんぐらい」

先生「正確には?」

オイラ「1日1箱半ぐらい」

先生「キミ、コレ見てみ。肺潰れかけてきてるよ」

オイラ「・・・マブで!?」

先生「・・・マブで」

看護婦「・・・マブで」

先生「脅かすワケじゃないんだけど~、うん・・・コレ・・・やめた方が良いね」

オイラ「・・・えぇ」

先生「いやホント何て言うか脅かすワケじゃないんだけど~」

オイラ「ん~、検討しときます」

先生「じゃあ今日の薬、当たり障りないトコおさえてあるから飲んどいて」

オイラ「ふぁい」

先生「あと息苦しいってのが気になるからこっち系の薬もどない?」

オイラ「・・・え?いや・・・そっちは良いスよ」

先生「いやいやいやいやいや、どれにする?バリエーションあるけど」

オイラ「どんだけ買わせたいねん、営業努力しすぎやろ。しかも選ばせる系!?」

先生「ほらほらほら~こうやって飲むんだよ」

オイラ「飲み方レクチャー必要なタイプの薬ちゃうやろコレ。ってかいりませんよ」

先生「あぁ・・・そう」

オイラ「態度急変しすぎやろ!どんだけ露骨やねん!ちょっと!!」

先生「またのご来店をお待ちしております」

看護婦「閉店ガラガラ~♪(ドヤ顔)」

オイラ「先生この看護婦しばいてエエですか?」

劇終
スポンサーサイト

例のアレ

少し話をしよう…。

昔、あるところに一人の少年がいた。
少年はパソコンでWEBの世界をアテもなく放浪していた。
別に何の目的があったワケでもないが
惰性的にソレを繰り返す連日…。

そんなある日、少年は1つのサイトに行き着いた。
そのサイトは個人で運営されている所謂「音楽素材屋」と
呼ばれる類のサイトであった。

その後も少年はそのサイトに通いつめた。
気が付けばサイトの管理人とも随分親しくなっており
アッと言う間に数年の時を経る…。

少年は青年へと成長していた。
さらに気が付けば青年は、いつの間にか
そのサイトの副管理人になっていた。

彼は与えられた事務業務を黙々淡々とこなしていた。
だが彼は、ある日フと気が付く…。

俺は…俺はこのままで良いのだろうか?
こんな所でくすぶっていて良いのだろうか?

掲示板へのレスを行い、空いた時間を使って
友達とカードゲームを行ってはツイッターで
その流れを実況したりハリーポッターを見ながら
ツッコミをツイッターに投げ込んだり
今日も暑いと当たり障りない呟きをツイッターに投下したり
外出先でもツイッターのタイムラインを追いすぎて
携帯の充電残量が悲鳴を上げ「危険が危ない!」とツイートしたり
妹がいたり、その妹を自分の弟と交換しようという
まさかのトレードを持ち掛ける友人がいたり
食事にお茶ではなく「苺牛乳」をお供させるという離れ業を披露したり
管理人の勝手な想像でメガネキャラという設定だったり
しかし実はメガネをかけていなかったり(いるのかもだったり)
近日、ヴォーカルデビューを期待視(危険視)されていたり
東京にいた頃、借りていた部屋のトイレの音が豪流の如き滝さながらの
サウンドを掻き鳴らし流れていく予想外のアレだったり
メガネをかけているのか?いないのか?ハッキリしろ!だし
↑でメガネの事について触れてしまった事で
妙に気になりだした管理人がイラつきを伴い始めたし
7:3ぐらの割合で管理人のボケをスルーするし
かろうじて突っ込まれる事に成功したとしても
そのツッコミの切れ味にムラがある事に定評があり
「ムラのある切れ味」だけに「ムラマサか!」って
管理人が…いや知らない人がボケたとしても
恐らくはスルー…或いは運が良くても「w」だけで
済まされる可能性が非常に濃厚であったり
そもそも「w」だけて!そんな返し誰も期待してへんねん!だし
そういえば「w」で思い出したけど昔メールで
素材曲使って下さった方からのメッセージで
「使わせてもらいましたwwwwwwww良い曲ですねwwwwwwwwww
ゲームで使わせてもらいますねwwwwwwwwwwwwww
完成するか分かりませんけどwwwwwwwwwwwwwwww」って感じの
メール貰った事あったけど、利用報告は本当に嬉しいし
使ってもらえるのは幸せなんですが
「w」多すぎちゃうんかと!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
しかも完成するか分からんのかい!!wwwwwwwwwwwwwwwww
って返そうかなと思ったけどやめた事あったし
メガネかけてるのか猛烈に気になってしゃ~ないし
妹サンもメガネかけてるんですか?お父さんも!?母君も!?
まさかペットのゴールデンレトリバーまでが!?バカなっ!
メガネメガネメガネメガネメガネメガネメガンテ。








……………。










……!?














…だしっ!!

そんなエンドレスな思い悩みを繰り返していた彼だったが
ある日そのサイトのメンバー達から1つの進むべき道を
照らしだしてもらう事になったのは極めて最近の事である。

その道は実に険しく未だ誰も到達成し得た事のない未踏の領域。
誰にも…誰からも愛されず理解もされないであろう事請け合いの
そのたった1つの道とは……































魔女っ子(漢)


前人未到の誰も登らなかった(登ろうともしなかった)あの高き山を
孤独という名の戦を乗り越えながら頂上(テッペン)を目指す事が
彼に出来るのであろうか…。



さぁ…もうこんな時間だ。
今日のお話はココまで…ゆっくりお眠り。

息子「えぇえええ!?嫌や!続き気になるぅ~!」

煉獄小僧「何やねん!エエからはよ寝ろや!明日も保育園やで」

息子「だってまだ眠くならへんもん、続きは?」

煉獄小僧「そうねぇ……続きは劇場で!!

(ど~~~~ん)


劇終(むしろ劇沈)

ハートイヤー

ドレミファソラシドゥーーーーー♪

ペリー「違うでしょ…何も違うでしょ…私弾いてほしいのド!
    アナタが弾いたの、それドゥ!違うでしょ?第一音が違うでしょ?」

煉獄「いやココはどぅー考えてもドゥやろ」

ペリー「ママさーん!?ママさん!?息子サンが言う事聞いてくれないよ!
    心の耳で聞いてくれぅ!!」

煉獄「待てやソコの異国の者、ニュアンス的なモノが何も分かってへん!
   ドに若干なるゥを混入する事で絶妙なハーモニーが生まれ
   ケミストリー的なアレが爆発する事を忘れたらアカン!」

ペリー「いや音階にちっちゃい「ゥ」とかないやろ」

煉獄「いやソレこそ「心の耳」とやらで聞けやヴォケが」

ペリー「お前さっきから誰にクチきいとんねん、しばくゾ固羅」

煉獄「やかましいわ、お前こそ誰にクチきいとんねん。
   きょうび黒船来航とかマジ流行らへんのじゃヴォケ。
   大体、開国狙いに来て何普通にピアノレッスンとかしとんねん。
   意味分からんのじゃヴォケ」

ペリー「言うたな?お前今言うたな?黒船流行らんとかさぁ~
    お前、人が気にしてるトコだけは言うたらアカンのちゃうんか?お?」

煉獄「いや気にしてたんかよ…」

ペリー「もぉエエからはよ弾けやぁ!ド!」

煉獄「いやだからドゥ!」

ペリー「…なんなん?ちょ…マジなんなんキミ…。
    …何?何プレイこれ?…鎖国?鎖国プレイ?
    心の開国はいつ来るねんっちゅ~話やがなコレ、ホンマに」

煉獄「むしろお前の開国プレーやろ実際問題」

ペリー「なぁ…もうやめとこうや…ホンマに…お互いしんどいだけやって。
    ちょっとド弾いたらエエだけの話やん?
    楽しもう?せっかくのピアノレッスンもっと楽しもうよ?」

煉獄「お前が折れろ。大体唐突にピアノレッスンてどういう事やねん。
   そもそも俺ピアノ弾けへんがな」

ペリー「え?何お前…ちょ…え?え?作曲とかしてるクセに
    ピアノも弾けないんですかー?ププー♪(笑)」

煉獄「お前マジ殺すゾ、別にピアノ弾けんくても作曲できるんですー」

ペリー「調子に乗らないで下さいー、開き直らないで下さいー」

煉獄「その語尾伸ばしの喋り方やめてくださいー、イラッとするんですー」

ペリー「アナタもしてるんじゃないんですかー、人の事ばっか言わないで下さいー」

煉獄「………」

ペリー「………」

煉獄「………」

ペリー「………」



























ドレミファソラシ……………ドゥーーーー♪

























ペリー「…!?」


Fin

バビブベブルースという名の新ジャンルを開拓したい。

…という嘘をタイトルにこしらえつつ、どうも煉獄小僧です。

結構な勢いで新曲用のフレーズパーツが浮かんできたんですが
フレーズ的には「イケる!」と思っていても
アタイのモチベーション的に「イケてない」感じなので
例によって「素材用フレパストック(仮)」と名付けられた
フォルダへ放り込まれるベイビー達。
(※フレパはフレーズパーツの略)

無駄に蓄積されていくフレパはいつになったら
日の目を見るんですかねぇ~。
せっかく良いなと思って残したフレーズなのに
作者のアレがアレのせいでいつまでも
フォルダから解き放たれる事なく賞味期限切れを
待つだけの日々…日々…。

(ロックフレパ)
俺…そろそろ2年くらい待ってるな…。

(ポップフレパ)
2年なんてまだ良いわよ、私なんて5年よ5年!!

(パンクフレパ)
バカヤロー!消去されてないだけ俺らはまだマシだ!
つい2ヶ月前に入社…いや入フォルダしてきた
新入りポップなんてたったの2ヶ月しか経ってないのに
煉獄の野郎「ん~何かこのフレーズ今聞くとアレやな」とか
ほざきながらアッサリ殺害だぞオイ!!クソゥ!(号泣)

(和風フレパ)
パンクフレパはアイツとスグに打ち解けて
仲良くなってたもんな…お前の気持ち…分かるぜ。

(パンクフレパ)
あぁそうサ!アイツは良いヤツだったんだ!!
Amから入る少し切ないヤツだったが良い音…してやがったぜ。
意味もなく中盤で転調なんて粋なアレンジ見せ付けやがってよ。
曲としてはどうかと思うが個性が光ってやがったぜ、チクショー(涙)

(ダークフレパ)
ヘッ…俺たちゃどうせ曲の欠片よ…。
作者にとっちゃその時その時でハマるフレーズの
旬ってもんがあるんだし…捨てられる時ゃ捨てられる運命さ。

(メタルフレパ)
ギャーギャーギャーギャーわめいてんちゃうぞヴォケが!
どうせデビュー(フォルダ外に完成曲として出される事)
できねぇんならいっその事、消された方がまだマシじゃ!
俺なんてファイル名「Metal014a」とかネーミングで
保存されてるから俺自身「あ、俺ってゴリゴリ系なんやぁ♪
2バスでブイブイ言わしてる系なんやぁ♪へへ♪」とか思って
ちょっと俺ってカッコエエんちゃうん?とか思ってたら
こないだロードされて再生したら何やねん…ピアノ単音てソレ!
ギター、ベースはおろかドラムすらまだ入ってへんやないか!
確かにこのピアノのフレーズ、ギターの音にしたら
結構アグレッシヴなフレーズやとは思うで!?
せやけど何でピアノの音やねん!メタルちゃうやん!

(ヒーリングフレパ)
あぁ、何か作者の人が保存する時ボヤいてたけど
ピアノが使ってる音源の無選択デフォ音になってて
いちいちギターの音色に変更するのがダルかったらしいよ。

(メタルフレパ)
ダルいて!!ちょっとイジるだけちゃうんか!!
ほんの数秒の話やぞ!何やねん「ダルいから」て!!
メタルってネーミングで保存されたからには
俺がメタルである為にソコ妥協したらアカンとこちゃうんか!

(ロックフレパ)
まぁでも俺らの作者って結構適当っつ~か
フレーズ組む時のイメージはメタルだったハズが
完成したら別にメタルじゃなかったってパターン
結構あるしなぁ…酷い時なんか
続き作るの打ち切ってループ枠に飛ばされるらしいよ。

(ヒーリングフレパ)
らしいね、ちょっと前にデビューした「Rock055a」なんて
構成段階では4分弱だったらしいけど結局
「絶焔」とかいう意味不明な名前でループ枠いったしなぁ。

(メタルフレパ)
逆にワリと継続的にデータいじってもらえて
正当にデビューしてったヤツとかムカつくわ。

(ロックフレパ)
それ、ただの嫉妬では?

(メタルフレパ)
「Noir Memory」って名前で出てったヤツいたやろ?
アイツ、ココおる時から何か嫌味なヤツやったしなぁ。
「キミらとはレベルが違うのだよレベルが、カス共が」とか
言って完全に見下してたやん。
でもぶっちゃけアイツのAメロのライトパンから
流れてるギターフレーズいらんやろアレ…。
どう考えてもセンターのメロ潰しとんで。

(ポップフレパ)
でも、あの人…じゃなくて、あの曲
当初予定では2コーラス目以降の展開もあったらしいけど
結局消されちゃってたわよね。

(メタルフレパ)
ざまぁwwww

(新入りパンクフレパ)
チッス!皆さん今日からココでお世話になるッス!

(ロックフレパ)
お、新入りが保存されてきたか♪
ようこそようこそ、まぁ仲良くやろうぜ。

(新入りパンクフレパ)
チッス!宜しく頼むッス!

(パンクフレパ)
お、俺と同じジャンルの後輩かぁ~。
良いね良いね、ノッケからスラッシュビートで
走ってるねぇ~♪若さだねぇ~♪

(新入りパンクフレパ)
チッス!自分スピード命ッスから!!
目指せBPM5000000でスピードの向こう側ブチ抜くッス!
ついでに女子のハートもブチぬ…ギャアァアアァア!!

(ロックフレパ)
って喋ってる途中でいきなり削除されたぁあぁああ!!
新入りぃぃぃぃぃいいいぃぃーーー!!!!

(メタルフレパ)
今回、作者の気変わり早えぇえええぇ!!

















































(煉獄小僧)
このフレーズ既存曲でもう出してたわ…(どほほ~ん)
プロフィール

煉獄庭園

Author:煉獄庭園
ゲーム、HP、動画、ラジオ、舞台、店舗等様々な用途に御利用頂ける無料音楽素材を製作しています。製作依頼も随時募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。